尿管結石

尿管結石とは

尿は腎臓で作られ尿管、膀胱を通り最後に尿道から排出されます。一般に結石は腎臓でできますが、これを腎結石と呼びます。小さな腎結石が尿管に落ちてきたものが尿管結石です。

尿管結石の症状

症状は結石のある側の背中から腰、下腹部の激しい痛みが特徴的です。同時に、目で見てわかるような血尿を伴うこともあります。当院を訪れる結石の方の多くが尿管結石です。

尿管結石の治療

結石の治療は、大別すると手術、経皮的摘出法、経尿道的摘出法、薬物療法などがあります。 直径1cm以下の尿管結石はできるだけ自然排石が望ましいので、痛み止めも含めた薬物療法を試みます。当院では飲み薬や坐薬による治療が可能です。
しかし、なかなか結石が出てこない場合や、疼痛や発熱などの症状が強い場合などには、他の治療法を選択することになります。 この場合は、大きな病院へご紹介いたします。

尿管結石を疑ったら

片側の背中が痛む場合や、それに加えて目で見てわかるような血尿が出た場合は、早めに泌尿器科を受診してください。腎臓や膀胱に大きな結石が見つかる場合もありますので、早めの検査、治療をお薦め致します。

前の記事

蕁麻疹