しもやけ(凍瘡)

昔に比べて少なくなりましたが、それでもまだ手や足が腫れたり、痛痒くなったりして受診される方がおられます。

真冬の大変寒い時に発症するとお考えの方も多いと思いますが、実際は気温4~5度の寒さで最低気温と最高気温の差が10度以上の時期に多いと言われています。寒さによる血行不良が原因のようですが、詳しいメカニズムはわかっていません。体質もあるようです。

気を付けることは何と言っても保温、そして湿気を避けることです。

マッサージも有効ですが、有効な飲み薬や塗り薬もありますのでご相談下さい。

前の記事

アトピー性皮膚炎