アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は遺伝と環境の病気と言われます。
表皮(肌の一番外側)のセラミドや天然保湿成分などが少なく、ダニやハウスダスト、カビなどに対しアレルギー反応を起こすことがこの病気の特徴です。

症状

その結果、肌がカサカサし、赤くなったり痒くなったりします。症状が良くなったり悪くなったりを長い間繰り返し、日常生活に支障をきたすことも多いようです。

対策

掃除や洗濯を中心に、カーペットや布製の家具を減らすなど住居環境を整え、規則正しい生活を心がけ、正しいスキンケアが大切となります。

治療

治療は保湿剤や抗炎症作用のある外用剤を使います。痒みがひどい場合は抗ヒスタミン剤の内服を用いることもあります。外用剤としてはステロイド剤が中心ですが、一時期これを忌み嫌う方もおられましたが、最近はそういった方も少なくなり大変上手に使いこなしている方が増えているようです。また、タクロリムス軟膏に加え、デルゴシチニブ軟膏といったステロイド以外の新しい薬も発売され、これらをうまく使うことでステロイドを使わなくて済む方も多くなりました。
一方で、重症者には新しい内服薬や注射薬も発売され、かなりの効果が期待できると報告され、治療方法の選択肢が大きく広がってきました。

アトピー性皮膚炎は一生治らないと思い悩む患者さんもおられるようですが、根気よく病気と向き合い、うまくコントロールしていくことで、将来治ることも十分期待できる病気と言われています。希望を持って治療に取り組んで下さい。

前の記事

梅毒