AGA

AGAとは

AGAとは男性型脱毛症のことです。頭の前や頭のてっぺんの髪の毛が、柔らかく短くなり、最終的には生えなくなってしまう現象と定義されます。日本人男性の場合は、全年齢で約30%程度との報告があり、年齢を重ねると増加します。

AGAの原因

男性型脱毛症の発症には遺伝と男性ホルモンが関与していることがわかっています。男性ホルモンは顔や体の毛を濃くする方向に働きますが、頭の前からてっぺんにかけては逆に働いてしまいます。これは、男性ホルモンが酵素により変換されて出来るジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンの仕業です。このDHTが出来ないように男性ホルモンを変換する酵素の働きを妨げてしまおうというのが飲み薬の治療原理です。

AGAの治療

日本では、フィナステリド(商品名:プロペシア、フィナステリド)とデュタステリド(商品名:ザガーロ)という2種類の飲み薬が使用でき、当院でも扱っております。これらの薬の副作用は、アレルギーや肝機能障害、さらにはうつ症状やめまい、性腺機能低下など様々です。副作用に注意しながら治療していただいております。男性型脱毛症の診断は比較的簡単ですが、円形脱毛症や膠原病、甲状腺の病気や貧血、さらには過度なダイエットや飲み薬による副作用としての脱毛など、他の原因が無いことを確認する必要があります。治療を行う前には、お話を伺ってこれらを除外いたします。外用薬としては、ミノキシジルが有効であり、市販の育毛剤・発毛剤に含まれています。男性型の脱毛だけで無く女性型の脱毛にも有効で、女性用育毛剤は当院でも扱っております。